本文に戻る

まずメロディーを聴いて気になるのはミの音。ドーミが純正になるようにとられたミなので低め。そのために、間の抜けたようなメロディーになってしまう。しかし、最後の和音は純正のために、1本の筋の通ったしっかりとした響きになっている