本文に戻る
 ミの音、レの音ともに高く、すっきりとした旋律性を感じる。旋律だけ奏でるなら、
素晴らしい。ただ、最後の和音は一転する。純正律のような筋の通った響きではなく、唸りが多いため賑やかな響きになってしまう。どうしても、和音と旋律の音程のジレンマが生まれてしまう。