本文に戻る
 ミの音は純正のドーミのミなので、こちらも純正同様、間の抜けたような響きに
なってしまう。しかも、純正律と比べ、レの音も低いので、より一層旋律感の低下はまぬがれない。ミーントーンは、あくまでも純正の3度にこだわった実用性を求めた音律である。